Co-creAction Award 2018 ファイナリストプレゼンご紹介 Vol.2

2018.3.27

タグ:
Award
Co-creAction Award 2018 ファイナリストプレゼンご紹介 Vol.2

先日、熱いプレゼンで会場を沸かした、Co-creAction Award 2018ファイナリスト7団体のプレゼン内容をご紹介します。
本日は、優秀賞に輝いた「ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会」です!

 

「命を育み夢を繋ぎ」
強化米シリーズを活用し、栄養面の課題を抱える地域や人の課題を解決!
お題提供企業:ハウスウェルネスフーズ株式会社

 

〜以下からは、代表の名知様のお声を借りてご紹介します〜
私は平成元年に医師となり、大学病院で11年間循環器をいう心臓専門医として勤務した後、国境なき医師団という国際医療の団体のボランティア医師として、難民キャンプやイラク戦争など様々な場所で医療支援の行ってきました。

 

そこで体験したことは医療だけでは人は救えない!という厳しい現実です。
栄養不良の子どもも大人も治療を受けて2~3ヶ月後に元気になり村に帰る。
そしてまた栄養不良で戻ってくる!
日本ではありえないことです。
なぜだろう?

 

理由は2つ!
村に食べ物がない!
あるはいあっても食べ方を知らないから!
皆さんは 今日何を食べてきましたか?
人間はタンパク質・脂質・炭水化物がバランスよくないと健康に育たない。
だから、MFCGは医療だけでなく栄養を自分で作るそして摂取する家庭菜園事業を行っています。
18倍
これは なんの数値だと思いますか?
5歳まで生きられない子どもの数です。

 

ミャンマーは1,000人中で52人
日本は3人です。
なんでそんなに違うのだと思いますか?

人間は5歳まで生きることができれば、たいてい大人になることが出来ます。夢を持つことが可能になるのです。

2018年1月から、Mother and Child Happy Rice Projectを始めました。

MyaungMya病院の助産師さんたちと協働し、妊産婦 450人の健康を守るプロジェクト。
私たちが活動している、ミャンマーのミャウンミャは、大きな都市 Yangonから バスで5~6時間の場所にあります。

この土地では、脚気(ビタミンB1欠乏症)が多く、これが原因で亡くなる方が多くいます。
ビタミンB1は、米のとぎ汁に豊富に含まれています。
そこで、ハウスウェルネスフーズ株式会社の「強化米」を提供できればと考えました。

母子保健衛生指導
産前健診率の向上↑
強化米シリーズの提供

健康を手に入れるためのサポートを通して、夢を育む支援をしたいと考えています。

TOPに戻る

参加企業様

2018年

株式会社エイジス 株式会社折勝商店 首都高速道路株式会社 株式会社東急スポーツオアシス 株式会社東急不動産R&Dセンター
株式会社東急リゾートサービス ハウスウェルネスフーズ株式会社 ハウス食品グループ本社株式会社 株式会社リジョブ

2017年

ワタミ株式会社 株式会社ディライトクリエイション 株式会社東急不動産次世代技術センター 株式会社エイチ・アイ・エス アデコ株式会社

2016年

日本たばこ産業株式会社 太陽ホールディングス 帝人フロンティア・旭化成アドバンス 東急不動産株式会社 エコッツエリア

協力

NPOサポートセンター 朝日新聞メディアラボ オルタナS 三井不動産株式会社

後援

経済産業省

Co-creactionを応援して盛り上げよう!

ページトップへ