【*チラ見せ* 企業×NPOの考え方のコツ!①】

【*チラ見せ* 企業×NPOの考え方のコツ!①】

「企業×NPOの可能性はなんとなくわかるけれど、具体的にどう考えればいいのかイメージが湧かない…」

という方に、CCA事務局が培ってきた企業とNPOの共創のコツをチラッとお見せしちゃいます!


今回は、企業の立場から「NPOとの共創」の活かし方を紐解きます。

上の図は、非営利セクターと企業の二枚以上の名刺を持つ、上野がセミナーや講演の際に使用しているパワポの一部を抜粋したものです。そこには・・・・

 

「企業にとっての」非営利セクターとは、【未開の新大陸】

■新大陸の特徴

1. 「採算度外視の現場(での発見、示唆、人財育成環境)」

2. 「異なる仕組みのビジネスモデル」

 

と書かれています。

なんだか、たくさんの切り口で「NPOとの共創」が語れそうな匂いが・・・

今回はたくさんある可能性の中から、「ニーズ」や「顧客の声」に焦点を当ててご紹介したいと思います。

例えば、ある企業がこんな悩みを抱えていたとします。

 

  • ユーザーの生のニーズを汲みとった商品開発をしたいが、そのニー ズを汲み取る場所がない…
  • そのような場を新たに設けることは高いコストがかかる…

 

こんなお悩みに、「NPOとの共創」を掛け合わせると、どんな可能性があると思いますか?

kigyou_NPO

 

一例ではありますが、CCAでの取り組みの中では、NPOの強みを生かした以下のようなソリューションがNPO側から提示されました。

 

  • 企業では入り込めない現場を持つNPOが、日々の支援を通じて拾っているニーズを共有
  • 商品開発担当がNPOの現場でボランティアを行い、実際にユーザーに触 れることを通じて肌感を得る

 

実際に、「女性活躍」をテーマとした【某研修会社×女性産後ケアNPO】の共創は、上記の文脈で行われました!女性の本当のニーズはどんなものか、企業内で考えるよりも視野が広がり、新商品開発に大いに役立ったという声も。NPO側も企業に対してのアプローチに悩んでいたということで、双方にとってウィンーウィンの連携になりました。

 

いかがでしたでしょうか?企業×NPOの共創の考え方のコツ、少し掴めましたか?

チラ見せ記事、次回もお楽しみに!

TOPに戻る

参加企業様

2018年

株式会社エイジス 株式会社折勝商店 首都高速道路株式会社 株式会社東急スポーツオアシス 株式会社東急不動産R&Dセンター
株式会社東急リゾートサービス ハウスウェルネスフーズ株式会社 ハウス食品グループ本社株式会社 株式会社リジョブ

2017年

ワタミ株式会社 株式会社ディライトクリエイション 株式会社東急不動産次世代技術センター 株式会社エイチ・アイ・エス アデコ株式会社

2016年

日本たばこ産業株式会社 太陽ホールディングス 帝人フロンティア・旭化成アドバンス 東急不動産株式会社 エコッツエリア

協力

NPOサポートセンター 朝日新聞メディアラボ オルタナS 三井不動産株式会社

後援

経済産業省

Co-creactionを応援して盛り上げよう!

ページトップへ